日々ちょい日記2 渋谷編

10年続けたきまぐれブログの続き。東京で編集者したり、革を縫ったり、ブロンプトンでポタリングしたり、たまに踊ったりする毎日。2016~2020年は谷根千エリアで暮らし、その後渋谷区に移りました。

珍しくカレー続き

自粛生活も長引いていますが、オリンピックのおかげで楽しめた今年の夏。そんななか、密かに再開した活動があります。

4年前に始めた、阿波おどりです。

始めたのが直前だったので、高円寺という大きなイベントがデビュー戦という強烈なスタート。練習後の飲み会(反省会)が楽しくて気づけば高円寺には3年連続で出させていただいておりました・・・

が、残念ながら、2020、2021年は中止。ほかのイベントも軒並み中止で、練習自体も開催されない期間が長く、ほとんど踊らないまま2年近くが過ぎようとしておりました。

そんななか、9月に1回だけ演舞する予定がたち、久しぶりに練習に参加。平日の午後に行われるので、はりきって半休をとりました。練習が終わるのが16時ごろ。早めの夕食でも・・・と思って根津生活時代にお気に入りだった焼きそば屋さん「まるしょう」を目指すも、着いたらなんと閉まっているではないか。緊急事態宣言中のため、営業が16時までとのこと。がびーん。

そのまま上野方面を目指して歩いていると、ふと目に入ったのが湯島のカレー屋さん「デリー」。ここ、近くを通りがかるといっつも行列ができていたのですが、17時台という時間帯もあってか、なんだか入れそうな感じ。せっかくなので入ってみることに。

 

f:id:lapichon:20210905224033j:plain

いつ見ても行列だったのに、入れそう!

メニューには10種類近くのさまざまなカレーがあり、5段階の星マークで辛さが表示されている。普段激辛好きというわけではないんだけど、いちばん惹かれたカシミールカレーがたまたま星5つ(つまり一番辛い)だったので、覚悟を決めて注文。

f:id:lapichon:20210905224107j:plain

行列人気に納得、私史上かなり好きなカレー

かなりサラサラで、ご飯に染みる感じ。そして辛さは思っていたよりはかなり優しく、舌や唇が痛くなって味がわからなくなるようなアレではなかった。スパイスが効いてて味わい深く、正直、ふらっと入ったにもかかわらず、私的にはかなり好きな部類のカレーだった。ナンよりもお米と食べる、こういうシャバシャバ系のスパイシーなカレーが好きなんだということを初めて認識した。

テイクアウトのお客さんもちょいちょい来てて、近くにあったらいいなあ、というか、近くに住んでたときにこの良さを知ってたらよかったなあ、とちょっぴり悔しい。

 

その後珍しく立て続けに外食でカレーが続いたので、ついでに記録しておきます。

 

まずは、渋谷で開催中だった「YOKOO LIFE 横尾忠則の生活」に行く途中で立ち寄ったもうやんカレー。何年も前に新宿のお店に行ったきりだったけど、ランチタイムの自由に盛り付けできるスタイル、なかなかいいなあ。

f:id:lapichon:20210905224151j:plain

何年ぶりかのもうやんカレー

 

そして、何気にカレー激戦区な感じがする千駄ヶ谷でも、入りやすいCURRY UP。これまたお店の人に「辛いですよ」と言われつつ、牛すじカレーとキーマカレーのハーフを注文。確かに辛いんだけど、これもちゃんと味わえる絶妙なラインの辛さになってると思うのよね。

f:id:lapichon:20210905224224j:plain

彩りのきれいな薬味が食欲そそる

というわけで、阿波おどりの久しぶりの本番は次の週末。ヤットサー!

 

 

 

ゆで卵ホルダー

いまの会社で働き始めてもうすぐ14年。その間、毎日みんなでランチに出ていた時期もあれば、お弁当を持って行った時期もあるし、決まったメンバーと毎日近所のスーパーで買い出しして、かんたんなサラダなどを作って食べていた時期もある。

そのうちランチタイムを自分の時間にするため、ひとりで過ごせる場所を探すようになり(これがなかなかないんだよねえ)、コロナもあってすっかり定着。夜に旦那さんとがっつり食べるので、お昼はサラダチキンだけ、みたいな日もある。

最近は、朝ジムに寄ってかんたんなストレッチをしたりシャワーを浴びてから出勤するのがルーティンなんだけど、そのあと朝ごはんがわりにコンビニでゆで卵を買うようになった。税込み78円の、ファミマの「半熟ゆでたまご」。味も付いてるからそのまま食べられる。価格も数十円なので別にこれでもいいんだけど、毎日(といっても出社するのは週に2,3回だけど)買うなら、自分でゆで卵つくって持っていってもいいな~、と思うように。

形から入るのが好きなので、ネットで卵ホルダーを検索し、いろいろ検討した結果選んだのがこの子です。

f:id:lapichon:20210822193658j:plain

持ち運び時はこんな状態

 

単純に、見た目がかわいいので気分がアガる、というのもあるんだけど、ほかの簡易ホルダーだと割れたりするみたいだったし、1個持ち歩ければ十分だったので、選択肢としてあまりなく。

 

f:id:lapichon:20210822193741j:plain

卵を入れるスペースだけでなく、底に塩を入れられる。

卵を入れるところにシリコンのクッションがあるので割れにくそうというのと、底を取り外して塩などを入れられるようになっているのがポイント。ただしLサイズとか、大きい卵は入らないみたいなので注意です。

 

 

ほかに検討したのはこういうタイプ。ゆで卵だけでなく、キャンプで生卵持ち運んだりするのにもいいみたいで、いっぱい入る商品もありました。

 

 

 

 

積ん読消化の夏2021(その1:マルおばあちゃんの教え)

今月前半は、前回も書いたようにあらかじめ仕事が休みになっていた日が多かった(お盆休みの前倒しというか)。とはいえ、あんまり外出もできない世の中。ラーメン行脚で遠出することはあるけれど、毎年楽しみにしている夏のお祭りもことごとく中止だし、イベントもない。おかげでゆっくり読書する時間がとれました。ちょっとずつ読み進めていたものと、集中して1日で読み終えた本、合わせて3冊といったところです。


f:id:lapichon:20210818225948j:image

そのうちの2冊は、同じ本のスペイン語版と日本語版。5月に旦那さんと自転車で世田谷方面をポタリングした日があったんだけど(おもな目的は「らぁめん小池」さん)、そのときに寄った二子玉の蔦屋家電で、ディスプレイのコーディネート的にポンとおかれていた本が気になって、何気なく手にとったのです。

 

 『おばあちゃん、青い自転車で世界に出逢う』という小説だったんだけど、パラパラ見ていると原作はスペインの作家さんで、しかも主人公のおばあちゃんはメキシコのオアハカに住んでいるときた。

こ、これは気になる・・・メキシコに住んだことのある身としては。

 

せっかくなら久しぶりにスペイン語で読書したいなと思って、探してみたらありました。

 

 直訳すると「自転車で世界を横断したおばあちゃん」て感じですね。

 

あらすじや紹介文を見たときに、これはいわゆる、小説の形をした自己啓発っぽいやつかな、という印象。たぶんスペイン語版も文字は少なくて、読みやすい文体で書かれているだろうと思ってAmazonでポチったわけです。

が、読み始めてみたらしょっぱなから知らない単語がいっぱいで、かといってなんとなく想像しながらそのまま読み進められるような感じでもなく、辞書を引き引き読んでいたら時間がかかってしまったというわけ。なんだろう、スペインのスペイン語だからなのか、哲学に通じるような表現が多いからなのか(著者は哲学の先生らしいです)。

 

主人公のおばあちゃんマルは、もともとはチリからやってきて、メキシコのオアハカに住んでいるんだけど、天涯孤独というか、もともと孤児院のようなところを脱出して、いろいろあって結果的にメキシコにいる。で、結婚したことないんだけど息子がいて、実は孫がいることを知る。その孫に会うために自転車で旅をする・・・という話です。旅のあいだに、1章ごとにいろんな人との出会いがあって、どちらかというとマルおばあちゃんが彼らに影響を与えていきます。

細かいことはネタバレにもなるので端折ります。読む前に期待したほどの感動は正直なかったんだけど、生きていく上でときどき思い出したい大切な気づきがちりばめられていました。

 

単語の意味を調べながらだとどうしても中断してしまい世界に入り込めなかったので、日本語で通して読んでみよう、と思って、内容確認も兼ねて結局日本語版もあとから購入。


f:id:lapichon:20210818230029j:image

最初に書いたようにちょうど時間もできたので、一気に読むことができました。翻訳者さんがあとがきで書いていたからというのもあるんだけど、日本語で読んでみて改めてなるほどなと思ったのは、著者が「禅」を意識していたということ。

 

「赤ん坊は世界にきたときはなにも知らない。まっさらだから、何も心配ごとがない」みたいな話が出てくるんだけど、それが前に読んだ禅の本の、「ビギナーは自分の限度を知らないから、無限の可能性を感じることができる(だから、なにも知らなかったときの初心を忘れてはいけない」というような内容に通じるなと思ったり。新しいこと始めると、自分よりもっと上手な人を目にしたり、やる前に思ってたほどうまくできなくて、自信をなくしたりするよね。そういうのを知らなかったときの気持ちでなにかに取り組むのは、楽しむ上でも大事だなあと。

 

もうひとつ、スペイン語版読んだときから心に残ってメモしていたのは、「椅子やギターで壁に釘を打とうとして、うまくいかないと怒る人がいる」というマルの言葉。人が抱える悩みの最大の原因は、自分はこうだという思い込みと現実の食い違いである。椅子は人が座るためのもので、ギターは音を奏でるもので、その役割を果たしているときには誰も不満がないのだと。だから、自分を知ることが大事…

なにかうまくいかなくて自分に腹が立つようなことがあったときには(ならまだいいけど、怒りが外に向いてしまうこともあるかもしれないよね)、思い出したいものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静かにリニューアル

昨日今日と平日だけど仕事がお休みなので、ゆっくりオリンピックを観戦している。そもそもオリンピック期間中は人の移動が大きくなり交通が麻痺するかも、ということで休みになっていたようで、結果的にコロナ自粛休みみたいな感じになっている。連日めちゃくちゃ暑いのでほんとはプールにでも行きたいけど、ホテルのプールもいまは宿泊者限定になっていて高いし、感染対策もしないといけないと思うと、気軽に行けそうもない。

 

昨日は、スポーツクライミングの男子決勝をテレビで観戦した。ここのブログでも書いていたけど、数年前にボルダリングにはまっていた時期がある。ほかにもいろいろやってたので(阿波おどりとかね)なんとなく通わなくなってしまったんだけど、昨年引っ越しが決まったときには近所のボルダリングジムを調べ直したりもして、いつか再開したいと密かに思っていたりする。

私はほんとにへなちょこだったのだけど、少しでも自分がやったことがあったおかげで、選手たちがやってることの難しさとか、制限時間内に何度もトライしてどんどん疲れがたまる感じとか、(次元が違うことはわかってるけど)イメージできて、こっちまで緊張してしまった。見てたら、またやりたくなった。

 

最初の「スピード」を家で見てから、予約していたネイルサロンに向かった。サロンのテレビで、「ボルダリング」の続きを見ることができた。あんな、トップアスリートがみんなクリアできない課題って、どうやって考えるんだろうなあ。全員ができちゃっても勝負にならないし、難しすぎてもだめだろうし。順位を掛け算するという独特の順位計算も、オリンピックで初めて知った。

オリンピックの面白いところって、いままで見る機会がなかった競技を見られることなんじゃなかろうか。

そんなこんなで、8月のネイルは夏らしいヒマワリにしてもらった。

f:id:lapichon:20210806165319j:plain

同じサロンに通うようになって通算14回目のネイルです

足の爪はいつも自分で塗っていたんだけど、今回は「ネイルシール」なるものを試してみた。文字通り、シートを爪に貼り付けるだけなので、オフもかんたんらしい。乾くのを待つ必要もないし、これはいい! と思ったんだけど、やってみると自分のサイズにカットするのが難しい。とくに生え際のほうが、予めカーブがつけてあるものの個人差があるので、そのまま貼るとはみだしちゃうんだよね。コツをつかめばコスパもいいし楽でいいので、もう少し試してみようと思います。

f:id:lapichon:20210806165241j:plain

よく見るといろいろ雑な仕上がりだけど、手元よりは見えないからいいか・・・

実はこの写真のBIRKENSTOCKのサンダル、最近買い替えたばっかりなので、ちょっと靴ずれしております。BIRKENSTOCKのサンダル昨夏初めて買ったんだけど、気に入りすぎて、歩きすぎて、一年でコルク部分まで削れてしまったので。

 

もうひとつ買い替えたものがちょうど今日届いたのだけど、自転車用のヘルメットです。

f:id:lapichon:20210806165342j:plain

カスク」を卒業します

右のが10年近く使っていたrinprojectさんのカスク。小さくなるし軽くて最高なんだけど、経年劣化でボロボロ崩れてきてしまって、黒い粉が落ちるようになってしまった。最近はママチャリでもちゃんとしたヘルメットかぶってる人が多くなってきたので、そろそろ私も・・・ということで、先日芝公園のGiroのショップでサイズを確認。私の求めるリーズナブルな価格帯がちょうど在庫切れだったんだけど、アジアンフィットという、少し横幅に余裕があるモデルのSサイズがぴったりということがわかったので、後日ネットで購入したものが届いたというわけです。カラーもいろいろあって、最初は漠然と「白とか黒とかシンプルなやつがいいな」と思ってたんだけど、身につけるものにネイビー系が多いのと、Bromptonのサドルもターコイズなので色合いが合うんじゃないかということで、これを選びました。明日からしばらくお天気微妙ですが、これで自転車乗るのがまた楽しみになるな。

 

去年買ったまま開いてないBromptonの本、そろそろ目を通すか・・・ 

 

 

恋い焦がれた1杯

ラーメンネタばっかりになってきた。んで、今日も結局平日の話。

 

私、一応編集者なんですが、いまの会社で働くようになってから、いわゆる制作会社、編プロさんにお仕事をお願いする形になり、自分で執筆することはほぼ皆無になってしまいました。ほんとは、インタビュー記事を書くのが好き。ほんとは、紙や刷色を選ぶのが好き。でも、そういうこととは無縁なまま14年目を迎えております(でも、今の仕事も好き)。

 

なんだけど、諸事情により先日取材に同席したインタビュー記事を実質自分でまとめることになり。やった! 楽しい〜 という反面、久しぶりすぎてちゃんとまとめるのか不安・・・・・・。

ということで、集中したいので今日は静かなコワーキングで作業しようと思い、朝からブロ助(brompton)を漕いで東新宿へ。

 

f:id:lapichon:20210804220950j:plain

12時間で100円の駐輪場

事前に調べて、私の大好きなドラクエやFFで有名なスクエニさんもはいっている「東京イーストサイドスクエア」の駐輪場に停めました。

f:id:lapichon:20210804223555j:plain

2ヶ月ぶりに乗ったら汚れが気になった

 

午前中集中したおかげでお昼には原稿完成。確認のため関係者に送り、さてランチ。

 

行き先はもう、昨日から決めていたのです。

 

話が遡るけど、私が普段働く飯田橋のオフィスから徒歩で片道およそ20分。水道橋にあった「麺一筋」という尾道ラーメンのお店が、すごく気に入っていた。見つけたきっかけは、2012年にブロンプトンで参加した「しまなみ海道」のサイクリング大会のため滞在した、尾道で食べたラーメン。東京でまたこの味に出会いたいと思って探して、たまたま会社から行きやすい場所にあったこの店に出会って、好きになったんだ。そんなに頻繁に行ってたわけじゃないけど、たまに気合を入れないといけない日には、ランチにここに行くのが楽しみだった。

昨年春、コロナ自粛でみんなリモートワークになり、週に1回オフィスに行くかどうか、という期間が続いていた。まだいろいろわかってなくて、みんな不安のなか過ごしていた。それが少しだけ落ち着いてきて、オフィスで仕事をした5月のとある日、久しぶりに「麺一筋」に行ってみたら・・・・・・店がなくなっていた。

この時期数々の好きなお店や思い入れのある施設の閉鎖のニュースを耳にして気が滅入っていたけど、そのなかでも自分的にショックが大きかった。もうあの味が食べられないなんて。。。

 

が、調べたら、実は横浜と新大塚にも店舗ができてたことを知り、機会があったら行ってみようとずっと思ってた。

今日は、気合が入った原稿を仕上げたら、新大塚店に行くって決めてたんだ。

昼間はかなりの猛暑だったので自転車ではなく電車(と徒歩)で移動。

お店を見つけて、券売機で迷わずいつも頼んでた「魂のラーメン」(750円)を注文。ランチタイムはハーフライスが無料です。

f:id:lapichon:20210804222313j:plain

新大塚駅からすぐのアクセスしやすい場所にある

 

水道橋店とのちがいは、店主さんの雰囲気。お父さんがつくって、お母さんが出す、みたいな。目の前にはなんだかウルトラマンとかのフィギュアが飾ってあり、店内はずっと演歌が流れています。

f:id:lapichon:20210804222609j:plain

魂のラーメン

店内は男性客ばかりで、女性は私だけ。ラーメンを運んできたお母さんが、やさしく「ご飯はどうする?」と聞いてくれる。ちょっとだけ食べたいとリクエスト。このアットホームな感じ、ええなあ。

衝撃の水道橋店閉店から1年以上たつので、魂のラーメン自体はもしかしたら2年ぶりくらいなのかもしれない。

めっちゃ正直にいうと、水道橋店とまったく同じ味ではないな、と思った(なにがだろうなあ)。でも、やっぱりこれが好きだ。食べてるあいだ、ずっと幸せな気持ちになる味なんだ。

また自分がんばったなあ、と労いたいときは、ここに来たいと思った。

 

 

 

 

ラーメン仲間

一緒にラーメンを食べに行くのはおもに旦那さんで、You Tubeをチェックしては「次はここに行こう」と、どんどん行きたい店が増えていく。たまたま出かけた先に気になる店があっても、ひとりだと「また今度でいっか」となってしまったりするので、ラーメン仲間というのは(私にとっては)重要だ。

京都にも一人、訪れるたびに一緒にラーメンを食べに行ってくれる人がいる。仕事仲間でもあり、友人でもあり、ラーメン仲間ということになる。

「ここには休日の話を書けばいい」と昨日書いたばかりなんだけど、ここに書くことへのハードルが下がったとたん、仕事のあいまにランチで行ったラーメンの話も書いておこうかな、という気持ちになった。

 

話がとびとびでなんやねん、という感じですが、昨日市ヶ谷にある「ドゥエ イタリアン」というオシャレラーメン屋さんに行ったんですね。用事済ませてほんとにたまたま前を通りかかって。

何年か前にも行ったことがあって美味しかったのと、意外と空いていたこともあって(そして外がめっちゃ暑くてどこかに入りたいということもあって)、自然に吸い込まれました。

ここ、イタリアンのシェフの方がやっているそうで、女性客が8割とか。けっこう変わり種のメニューが多くて、前に来たときは「生ハムフロマージュ」っていういかにもイタリアンなラーメンをいただいたのですが、今回はなんとなくシンプルなものを求めていたので、券売機でも同じくらい大きなボタンになっていておそらく定番と思われた「塩らぁめん」をチョイス。

f:id:lapichon:20210803125615j:plain

シンプルで美味しい塩ラーメン

 

これが当たりで、けっこう好みの、しょっぱすぎずかつ飽きのこない上品な味。健康を考えた美容食としてのラーメン店をうたっているだけあって、食べたあとも罪悪感がないです。仕事中にストレスたまってラーメン食べたくなったときは、だいたい天下一品かバリ男に行ってたんだけど、こういうのもいいなあ・・・

 

と、そこでラーメン仲間の話に戻るのだけど、京都の友人も好きそうな味だったのですぐにLINEで知らせたら、さっそく調べたところ、なんと大阪にもオープンしていたということが判明。これは是非行ってもらいたい。

そんで、さっき公式サイト見てて気づいたけど、東京のお店も増えてたようで、渋谷の東急プラザにもあるんやて。渋谷なら、休みやリモートワークの日にも行けるな〜

 

 

オーナーシェフ石塚さんの本も出ていたので貼り付けておきます( けっこう壮絶な人生のようで、気になります)。

 

渋谷の暑い一日(らあめん渋英)

早いもので8月になってしまった。数年前から愛用している「ジブン手帳mini」、今年は1日1ページタイプにしてみたんだが、分厚くなるので半年分が1冊という仕様。つまり、7月から新しい手帳になっている。

ラーメンや読書の記録は1年分をまとめたいので、前半の手帳の該当ページをコピーしたものを後半用に貼り付けて、続きを記入するという使い方をしている。

今年はラーメン屋さんに行く頻度がかなり上がっていて、積極的に新規開拓(おもにSUSURU TVさんなどで気になる店をチェック)にも力を入れているので、せっかくだから上半期に行ったラーメン屋さんについて1本まとめるのもいいなあ、なんて思っていたんだけど、思い始めたのが7月頭だったので、なにもしないまま1ヶ月たってしまったことになる。

すると・・・義務でもないのに、誰も待ってないのに、なんだか自分がダメな人間な気分になってくるのはなぜだろう。あとで自分が読み返すためのものなんだから、もっと気楽に、昔みたいに、その日、その時期の過ごし方とか、「ああ、あのころの私そうだったのね」って自分でも忘れてるようなことを思い出すためのものとして、気軽に書き綴ればいいんだ。

さっきジブン手帳にここ数日の記録をつけながら、突然そう思い、そしたら急に気が楽になった。しばらく放置していたせいで、どうせ再開するなら意味のあるものにしなければと勝手に気合が入ってしまい、自分でハードルを上げていた、というか・・・・・・。そうだ、これはただの日記なのだ!

 

最近の平日は、だいたい仕事して、あとはご飯食べたりツムツムしたり刺し子をしたり革を塗ったりテニスをしたり韓ドラを見たりYou Tubeを見たりしてるだけで、正直そんなに変化はない(仕事については書くつもりがない)。ということはつまり、休日なにしたかを書けばいいんだもんね。

 

前置きが長くなりすぎたけど、そんなわけで先週末の土曜日は、前々から気になっていた渋谷の「らあめん渋英」にランチに行ってきた。

f:id:lapichon:20210802220111j:plain

渋谷の駅からめっちゃ近い

なんで渋英に来たのかというと、ここ数日寝る前にGoogleHome(AIスピーカー)に「おやすみ」と言うと、やたら博多ラーメンを推してくるのだ。

 

”暑くて寝苦しい夜が続くと、恋しくなるものがありますよね。そう、博多ラーメンです。”と始まり、近い店として渋英を住所付きで紹介してくる。最後には”あなたのラーメンリストにはきっとすでに入ってくるでしょうね”ときた。

翌日も同じような感じで原宿のじゃんがらラーメンを勧められ、さらにその翌日になると”暑くても暑くなくてもいいから早く博多とんこつラーメン食べに行けや”的なモードに。これは行かざるを得ない・・・

 

f:id:lapichon:20210802220049j:plain

個性は感じないけど普通においしかった

というわけで、7月最後の土曜日に行ってきたわけです。お昼時だったけどすぐに入れたし、駅から近いので「今日はなんだかとんこつラーメンの気分だわ」というときに気軽に行けそうなのがいいと思う。

私は個人的に、ラーメンの好みは「個性があるかどうか」も大きい。そういう意味では味にそんなに驚きは感じなかったのだけど、入りやすくて、普通に美味しくさらっといただけるという点においてポイントは高かった。渋谷でラーメンの気分になったときは、また行ってみたいと思う。

 

食べたあと、同行していた旦那さんは用事があって先に帰宅。私はmont-bellやハンズで気になっていたものをチェックしたあと、なんだか暑さにやられてフラフラになってしまい、代々木公園の木陰にレジャーシートを敷いてしばしシエスタ

f:id:lapichon:20210802220138j:plain

木々を見上げながらいつのまにか昼寝

そのあとはお気に入りの明治神宮杜のカフェにてアイスコーヒーをいただきながら読書しました。いま読んでるのはけっこうシビアな新書です。勉強になる〜